加齢臭と体臭の違いはなに?

暑い季節が近づくと、自分の発する臭いなどが気になり始める季節ですが、加齢臭と体臭の違いについて考えたことはあるでしょうか。

加齢臭というと、中高年のお父さんの枕や体から臭ってくるイメージが強いですが、厳密に言うと体臭の一種であるのですが、発する臭いが違うため区別されることが多いようです。

体臭というのは、汗や皮脂、排泄物などを元に体から出る臭い全般のことを指しますが、体臭の原因となる常在菌は人によって種類が異なるため、発する臭いも人それぞれであり、多くは汗を主体にして出る臭いであるとされています。

本来、汗自体は無臭でありそれだけでは臭わないのですが、汗をたくさんかくことで皮膚の表面の菌が繁殖して嫌な臭いを発生させてしまうため、しっかりと汗を取り除いて菌が繁殖しにくい環境を作ることで簡単に防げます。

こまめに汗を拭きとったりシャワーを浴びて着替えることで防ぐことが可能で、ワキの脱毛を行ったり通気性の良い肌着を身に付ける、臭いのの原因となる肉やニンニク、にらなどの臭いの強い食べ物を避けるようにする、制汗スプレーや消臭クリームなどを使用するのも効果的です。

しかし、清潔にするだけでは解決できないのが加齢臭です。

加齢臭は対策方法一つで抑えることは可能

臭いの特徴としては、蝋燭のような、ブルーチーズのような古本のようなかび臭いような臭いを発することが多く、臭いの原因となるのはノネナールという物質で、水に溶けにくい性質を持っているためにちょっとやそっとのことでは落とせず専用のシャンプーや石鹸でないと落とせないとされています。

タバコの喫煙やアルコールの摂取を多くする人ほど臭いが強くなる傾向になりますので、臭いを発するのが気になる人はなるべく控えるようにするのが良いかもしれません。

加齢臭は、首の後ろや背中、耳の裏などから発生しやすいといわれているので集中的に洗うことで良くなることもありますが、おじいちゃんおばあちゃんなど、高齢の人と一緒に子供の頃から生活していた人などはあまり気にならないようで、人によってはあまり不快な臭いではないと感じる人もいるようです。

その他に、臭いのもとがノネナールではなく常在菌が汗の中の乳酸を分解するときに発生させるジアセチルが原因であるミドル脂臭というものもあります。

これは、加齢臭が50代以降に発生するのに対し、ミドル脂臭は30~40代の比較的若い時期に発生するとされていて、後頭部や頭頂部から最も臭いを発するために自分の枕が臭いと感じて加齢臭と勘違いしている人も多いようですが、原因となる臭い物質が異なります。

最近では、制汗スプレーや消臭クリーム以外に消臭サプリなども販売されているので、普段のケアをしながらそういったサプリを利用して改善していくのもおすすめです。

 

体臭と加齢臭の参考情報:「体臭対策の殿堂

 

これから暑くなる季節は、ますます体の臭いが気になる時期でもありますが、早めに対策をして臭いの気にならない生活を送れるように心がけてみてはいかがでしょうか。

女性特有の体臭の原因と予防・対策方法

女性特有の体臭は、ホルモンバランスが原因です。月経周期によって体調だけでなく臭いも変化しており、月経前にはホルモンによって皮脂腺が刺激されて通常より多くの皮脂が分泌されます。

皮脂が過剰分泌されると、脂肪酸が酸化するのでワキガに似た臭いがします。また排卵期になると嗅覚が敏感になるので、その時期は周りが気にしなくても自分だけ体臭がきついと感じることがあります。

月経時には経血が空気に触れて酸化するため、鉄のような臭いになります。ナプキンや下着に付着してから時間が経つと、蒸れて雑菌が繁殖します。雑菌はタンパク質を分解しますが、この時に臭いが周囲に広がることがあります。

更年期特有の体臭もある

また、更年期も原因になることがあります。更年期になると汗をたくさんかくようになり、特に顔や首、胸で汗が出ます。

運動をした時にかく汗はサラサラしていますが、更年期でかく汗にはアンモニアなどが含まれているのでベタベタしてかいた時から強い臭いを放ちます。

月経周期によってデリケートゾーンから臭いが出る場合は、専用の石鹸で予防します。デリケートゾーン専用の石鹸には、肌に優しい消臭成分が入っており、黒ずみ予防など美肌効果もあります。

通常の石鹸より価格は高いですが、臭いを除去する効果は高いです。

月経中の経血からの臭いは、ナプキンで対策します。ナプキンはムレないように通気性の良いものを使います。下着も通気性を重視し、アンダーヘアに経血が付着するので、月経の前に短くカットしておくことで下着の中を清潔に保てます。

雑菌は3時間で大量に増えるので、2時間~3時間に1回はナプキンを交換します。経血が少なくなると交換する頻度が減りますが、経血が出ている時点で雑菌は繁殖するのでこまめに交換するのが良いです。

月経が終わっても膣の中に経血が残り、わずかに出ることがあるため、下着を簡単に変えられない時はナプキンを付けておきます。

トイレに付いているビデは経血を落とすのに便利です。しかし、膣洗浄をやりすぎると膣内環境を正常に保つ乳酸菌まで洗い流し、悪玉菌を発生させて炎症を引き起こすことがあります。

習慣的に膣洗浄を行う人は婦人科系の感染症にかかりやすいともいわれるので、できるだけビデに頼らないようにします。

また、更年期による体臭は、ストレスを溜めないことが大切です。更年期は運動をしていなくても汗が出て、気温もほとんど影響しません。自律神経が乱れていることで精神性発汗を起こしているので、ストレスでさらに自律神経を乱さないようにします。

更年期になるとイライラしやすいですが、心が不安定になったら腹式呼吸をして、たくさんの酸素を体内に取り入れます。女性ホルモンが低下しているため体温調整が難しいので、汗をかいたら服を一枚脱ぐなどして体を冷やします。

また、夜寝る前にお風呂に入ると、血行が良くなってアンモニアを発生させる乳酸を翌日に持ち越さないため、汗をかいても臭いが抑えられます。

意外と知られていない!酵素で体臭対策ができるって本当?

美容に、そしてダイエットに良いとして大きな人気となった酵素ドリンクですが、実は意外と知られていない効果もあります。それは、気になる体の様々な臭い「体臭」の改善です。

人間には誰しも何らかの臭いがあるものですが、しかし人によってその強さが大きく異なります。「体臭の強い人」と「そうでない人」を分けているのは、いったいどういった要因でしょうか。

まず挙げられるのが、食生活や生活サイクル、ストレスの有無などの違いです。野菜を多く食べて、規則正しいリズムで生活を送る、そういったことによって、ある程度体臭を防ぐことができます。

しかし、同じようなものを食べて、同じように生活をしていても、体臭が強い人とそうでない人にわかれるものです。この原因は、単純に言ってしまうと「体質」そして「腸の状態」にあるといえるでしょう。

そもそも体臭が強くなってしまう原因として、「腸内環境が良くない」ことが挙げられるのです。腸の中には消化を助ける様々な物質が分泌されていますが、このバランスが崩れて、悪玉菌が増えてしまう場合があります。

そうなると、食べた食品をきちんと消化できなくなり、腸内に老廃物が溜まってしまう、といわれているのです。体の中に老廃物を溜め込めば、当然臭いも気になり始めます。

加齢臭対策としての酵素ドリンク

一般的に加齢臭といわれているものも、年齢を重ねることで消化力が衰えることが、原因とされているのです。

衰えてしまった消化力を元に戻すためには、腸内の環境を正常に整えてあげることが大切といえるでしょう。そして腸内の環境改善に一役買ってくれるのが、酵素ドリンクだというわけです。

そもそも、酵素ドリンクがダイエットに良いとされる理由は、消化を助け代謝能力をサポートしてくれる点にあります。代謝能力がアップすれば、体内に溜まっている老廃物を、デトックスしやすくなるというわけです。

毎日酵素を摂ることにより、体の中に溜まっている毒素を体外に排出が進み、ニオイのもとから断っていくことができます。体内をデトックスすることは、美肌や美髪など美容面にも効果をもたらしてくれるでしょう。

ワキガや口臭など、気になるいやな臭いを消してくれる、様々なデオドラント製品がありますが、これはいわゆる「外側のケア」であり、原因を根本的に解決してくれるものではありません。一時的に臭いをおさえてはくれますが、たびたび塗りなおしたり、スプレーしたりといったケアが必要なのです。

体全体の臭いに根本から対策をしたいのなら、腸内環境改善を目指すのがもっとも近道かもしれません。手軽に飲める酵素ドリンクなら、毎日手間なく簡単に、腸内を整えてくれる酵素を摂ることができます。

ダイエットをしながら体臭改善もできる、一挙両得の優れた製品といえるでしょう。美容と健康、そして体臭のケアを継続的にして行きたい、そんな方にオススメだといえます。

体の中から綺麗になって、嫌な臭いとお別れしましょう。